初めての出産のママへ。これだけ揃えておけば大丈夫!ミニマム出産準備品リスト①

出産準備品

こんにちは!アラフォーママのパピコです。

 

私は完璧なミニリストには、なりきれていませんが、

必要最低限の物で生きていくタイプです。(そのわりには家は散らかってるけど・・)

 

出産にあたり、病院でもらった資料や出産準備マガジンなどで得た情報や

自身の出産した時の経験をもとにこれからもう一度出産するならこうしようかな?と

いう目線で「出産準備品リスト」を考えてみました。

 

たぶん出産関連マガジンの書いてある通りに準備するとかなりの金額になりますし

ぶっちゃけ、それっていらなかった!ってものも多々あります。

 

病院のリストだとちょっとこれも必要でしょ!とつっこみを入れたくなります。

私の基準だと、無駄なものは買わずあとは産んでから考える。と言った感じです。

 

ではさっそく見ていきましょう!

 

出産準備リストミニマム編

・入院準備品

 

・生理用の夜用ナプキンパンツ型1袋(産褥パット代わりに使用)

 

・夜用ナプキン多い夜用2袋(産褥パット代わりに使用)

 

なぜ2袋かというと、足りなくなって買ってきてほしい時に主人には頼みにくいので困ったので。

 

産褥パットだと余ったりした時に使い道がないしかさばって邪魔!

パンツ型のものだと汚れたパンツを洗う手間が省け、捨てるだけなのでかなりラク!

 

出産後1日目はかなり出血が多いのでパンツも汚れますのでいっそパンツ型だととても便利です。

 

・産褥ショーツ1枚

 

産褥ショーツは病院で買う出産セットとかに入っていれば自分では買わなくてもいいかもしれません。

そのくらい出産後、使い道がありません。

 

しかもマジックテープが当たってイタイし不快極まりないのです。

出産後の検診時にこのショーツじゃないといけないのかと思ってたのですが

私の病院では、普通に脱いでから診察だったので、どんなパンツをはいていようと関係ありませんでした。

 

・生理用パンツできたら夜用×3枚

 

産褥ショーツのかわりに使用します。出産後も個人差があると思いますが、出血が

しばらく1か月くらい続くので絶対使えるので生理用パンツにしておいた方がずっと使えるんです。

 

・授乳用ブラジャー×3枚

 

サイズは普段より大きめを!出産後は大きくなりますし、キツイと締め付けがツライです。

アンダーがゴムでハーフトップみたいな感じのクロスオープンのタイプがすぐに授乳できてラクチンです。

 

アンダーをスナップボタンで留めるタイプは、すぐにパチン!と取れてしまってイライラするのでやめたほうが無難です。

 

・授乳口付きパジャマ

 

トップスはお尻が隠れるくらいの長さがあるものを。

 

なぜかと言うと入院中頻繁にある診察時に恥ずかしいからです。

病院内は基本エアコンで管理されていて気持ち高めの温度になってますし赤ちゃんをだっこしてるとけっこう暑いです。

 

春夏は半そででカーディガンなどで温度調整を。

秋なら半そでも長袖もあるといいです。9、10月って意外と暑いです。

冬なら薄手の生地の長袖に、カーディガンなどで温度調節がいいです。

 

さらに言うと来客した時にもろにパジャマってのも恥ずかしいので

1セットはパジャマであとの2セットはワンマイルウエアと言いますか、ラクな地元着みたいなものがいいと思います。

 

出産後出かけるとしたら、近所のスーパー、児童館、病院くらいなのでその時にもサクッと着れるので活用できますよ!

 

春夏なら授乳口付きのカットソー素材のワンピースもしくは丈が長めのTシャツ&レギンスやスエットパンツ。

 

秋冬なら授乳口付きのカットソー素材のタートルネックやハイネックの丈長めのトップス&レギンスやスエットパンツ。

首元が温かいと冷えないですし胸元が、かがんでも見えないのでオススメです。

 

そして授乳口はできたら上にかぶさる布があって

めくるとクロスオープンになっているタイプがイチオシです!

 

斜めに縦っぽく授乳口があってスナップボタンやジッパーで開けるタイプのものはササッと授乳できなくて不便でした。

 

・産後用のニッパー

産後出来るだけ早くに産後用のニッパーをしておくと骨盤の開きの戻りが良いそうです。

私はすぐに出産後から巻き始めたのでとても良かったです!

 

・ペットボトル用のストロー

入院後、陣痛の時などは痛すぎてベッドでうずくまっている事が多くなります。

寝ている体勢でも水分補給できるので、このペットボトル用のストローは、必須です。

 

出産後も授乳しながら水分補給したい時に使えるしとても便利でした!

 

・ペットボトルの飲料2本くらい

水でもお茶でも何かお好みの飲料を、一応2本くらい準備しておくと良いです。

病院でも買えますが、陣痛があったり、破水していると自分で買いに行くのは困難です。

とりあえず数本はあった方が安心です。

 

まとめ

 

病院で入院準備のリストをもらうと思いますのでそれと照らし合わせて、必要なもの、

不必要なものを見極めて揃えていきましょう!

どうせなら、退院後も使えるタイプを選ぶといいと思います。

 

以上長くなってしまいましたので②に続きます。。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました