赤ちゃんの日常の危険防止!安全な部屋づくりの方法

インテリア

こんにちは!アラフォーママのパピコです。

 

赤ちゃんがまだ動けないうちは、あまり気にしていなくても大丈夫なことが多いですが、

寝返りを打ち始めて、赤ちゃんが動けるようになると

お家の中にある、なにげない物が危険な物だったりしますので確認してみてください。

 

我が子のパピオも一度、物件の警備会社さんを呼ぶ騒動になったことがあります。

 

幸い何事もなかったので、ただご近所までお騒がせさせてしまいご迷惑をおかけしただけですみましたが、赤ちゃんとは言えど、何をするか分からないので本当に注意が必要です。

 

お家の中の安全確認、まずは寝室から!

 

・和室でお布団の場合

 

まずは赤ちゃんが寝ている寝室を確認してみましょう。

 

お布団で寝ている場合は、コロコロと転がって床に落ちてもまだ低いので大丈夫ですが、

なるべく部屋の角へ、壁に寄せるように赤ちゃんは寝かせて、

横は大人で封じ込めるように寝たほうがいいでしょう。

 

赤ちゃんに当たると危ない物が床に置いてないようにしましょう。

 

畳も古いものだと、素足でハイハイする赤ちゃんの足に

井草のかけらが突き刺さったりするので要注意です。

 

和室の床の間に掛け軸とか、置物が飾ってあったりすると危ないです。

掛け軸もそのうち立てるようになると引っ張って遊んでしまいます。

 

危ない物、壊されそうなものは、確実に撤去しましょう。

 

・洋室でベッドの場合

 

ベッドの場合、特に落ちると大変危険です。

ベビーベッドを使用するのが一番安全ですが、ベッドをくっつけて使用する場合は、

狭い部屋にあまりベッドの上下に隙間がなくなるように配置するといいです。

 

そして赤ちゃんの配置は両サイドを大人で挟み込むか、一番壁側にすると安心です。

 

広いお部屋にお住まいの方は大変ですね。。

 

我が家は狭すぎるのでベッドがギッチギチにしか配置できず、

逆にそれはそれで良かったかもしれません。

 

上下にできる隙間は、我が家では来客用の布団を布団収納袋に入れたものを無理矢理、

隙間という隙間に敷き詰めて、ベッドから落ちても大丈夫なようにしていました。

 

リビングの安全確認!危険なものがいっぱいです

・テレビ台付近

 

まずはテレビ台付近が危険なものがいっぱいです。

角の部分はしっかり保護クッションを張っておきましょう。

 

いじられたくない機器やコードもテレビ台が扉がついているタイプならその中に

しまい、扉をロックするグッズを使ってあけられないようにしてしまいましょう。

 

我が家の場合は、テレビ台がオープンな棚のタイプなので

イタズラを頻繁にする時期には、いちいち監視するのも

大変なので、ソファーを目の前に持ってきてブロックしてしまいました。

 

棚やテーブルの角も赤ちゃんが届く高さのものはコーナーをガードしておきましょう。

 

・電池だけは絶対に届かないところにしまう

 

飲み込める大きさのボタン電池は特に危険です。

電池を飲み込んでしまうと体内で電気が通ってしまうので大変危険です。

 

他にも飲み込める大きさのものは危険なのでしまっておきましょう。

 

キッチンの危険防止対策!

 

キッチンは対面式キッチンで、ベビーガードの柵を設置できるような

作りのキッチンでしたら柵を設置してしまえば、安心です。

 

ですが、柵が設置できない作りのキッチンの場合は

しまう場所を考えて赤ちゃんが来てしまっても大丈夫な状態にしましょう。

 

手が届く場所の引き出しや棚には、割れたりしない鍋や

タッパー類など赤ちゃんが手に取っても大丈夫なものをしまっておきます。

 

キッチンには赤ちゃんにとっておもちゃよりもおもしろい物がいっぱいあります。

 

息子もサラダスピナーがおもしろいようでよく回して遊んでいました。

 

魚を焼くグリルで、使用後、まだ熱いのに触ってしまってやけどしてしまう事故があります。

 

赤ちゃんが立って触ろうとする時期にはグリルの使用は避けるか細心の注意を払いましょう。

 

窓の鍵に要注意!閉じ込められます!

 

ちょうど赤ちゃんの届く位置にベランダの窓の鍵があるご家庭は要注意です!

洗濯ものをちょっと干したりしているうちに閉じ込められてしまいます。

 

家電にも要注意!特にドラム式洗濯機が危ない

 

家電にも注意が必要です。

特に熱の出るもの、アイロン、ドライヤー、コテ、オーブン、トースター、ポット

などなど。絶対に手の届かないところに置きましょう。

 

ドラム式の洗濯機は中に閉じ込められて、

呼吸ができなくなって亡くなってしまったお子さんの悲しいニュースもありましたね。

 

本当に気を付けましょう。

 

洗剤の誤飲に注意!保管場所も考えましょう!!

 

洗剤や化粧品も、誤って食べたり飲んでしまうことがあります。

必ず手の届く棚にしまう場合はロックをかけておきましょう。

 

玄関にも要注意!我が子の閉じ込め事件も発生!

 

我が家の玄関の鍵はちょっと変わっている作りです。

メインの鍵は普通の位置にありますが、サブの鍵がかなり下の位置にあり、

小さな子でも届いてしまう位置にあります。

 

さらにチェーンロックの部分までもが、かなり下の位置にあり

パピオもよくいじって遊んでしまっていました。

 

そしてついに、油断していた時に、閉じ込め事件になってしまいました。

一瞬だけ、私が玄関のドアの外に出た瞬間にパピオがロックをかけてしまったのです。

 

その時、運悪く私は鍵も、財布も携帯も持っていない状態でした。

 

仕方なく近所の方に電話をお借りし、物件を管理している警備会社に連絡し

きてもらう騒ぎになりました。。

 

本当にこどもは何をするか分かりません!

 

この時にご近所付き合いをしっかりしておく事も

いざという時に頼りになりますので大切だなと思いました。

 

まとめ

赤ちゃんが動けるようになったら、しっかりと安心して遊べる環境作りをしていきましょう!

本当に一瞬で何かをしでかしますので気を付けましょう!

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました