赤ちゃん連れでの飛行機!上手な乗り切り方

子連れおでかけ

こんにちは!アラフォーママのパピコです。

 

飛行機は電車や新幹線よりも、さらに密室な空間なのと

地上を離れるので、赤ちゃん連れで乗るのは緊張しますよね。

 

私も初めて息子を連れて、飛行機に乗った時は泣きじゃくり、悲惨な1時間半でした。。

 

これから赤ちゃん連れで飛行機に搭乗する方に

少しでも快適に空の旅を過ごせるような工夫をお伝えしていきます。

 

飛行機は何歳まで無料?

 

まず国内線の普通の飛行機は2歳まで無料です。国内線のLCCの場合は1歳まで無料です。

国際線の飛行機は普通もLCCもどちらも1歳までとなっています。

 

赤ちゃん連れの飛行機の座席はどこがいい?

 

まずは飛行機の座席選びも重要です。窓側よりは通路側を選びましょう。

泣いたりぐずった時にすぐに立ってあやしたりできるからです。

そしてトイレ付近はできたら避けておくのが無難です。その付近に人が並んだりして騒がしいからです。

 

逆に騒いでしまう月齢の赤ちゃんならあえてそこ付近にするのもありです。

 

搭乗前にしておく事!

 

とにかく飛行機に搭乗してしまうと身動きが取りにくいので

離乳食や授乳は済ませて、おむつも変えておくといいです。

 

機嫌が悪くなる要因はできるだけ取り除いておきましょう。

 

そしてもう動き回れる赤ちゃんの場合はできるだけ体を動かして遊ばせておきましょう。

 

狭い飛行機の機内では長時間じっと大人しくしていなくてはなりません。

だいたいの空港でキッズスペースが用意されています。

 

まだ歩けない月齢の赤ちゃんもここでしっかり

体を動かして程よく疲れさせておくと寝てくれる確率が上がります。

もう歩ける赤ちゃんは空港内をお散歩したりしてもいいですね!

 

離陸時、着陸時は耳抜きをしてあげましょう!

 

大人も飛行機の離陸時と着陸時は耳がキーーンとしますよね。

赤ちゃんも気圧で耳が痛くなりますので離着陸時には

授乳するか、ミルクや飲み物を飲ませてあげて軽減してあげましょう。

 

すぐに使いたい赤ちゃん用品は別バッグで!

 

赤ちゃんのお世話用品は、すぐに取り出せるように他の荷物と別のバッグにまとめておくといいです。

 

飛行機での便利な赤ちゃん用持ち物

 

「・抱っこ紐・ハンドタオル数枚・除菌ウエットシート・オムツ用品

おもちゃ・絵本・離乳食・お菓子・おくるみや授乳ケープ・赤ちゃん用飲み物」

 

は、準備してすぐに取り出せるようにしておくと便利です。

 

ただし、飲み物は頼めばいつでも頂けます。ストローマグが必要な赤ちゃんは持ってた方が便利です。

おもちゃも航空会社のオリジナルのものを頂けます。

ひざ掛けなども頼めばありますので困りません。

 

ベビーカーは持ち込む?レンタル?

 

こだわりが無ければ、絶対に空港でベビーカーをレンタルする方がラクです。

搭乗ゲート前まで使用できます。

 

大きい空港では問題ないですが、小さい空港では数に限りがありますので

事前に予約してリクエストもできます。

 

自分でベビーカーを持っていくと手荷物で預けるので結局あまり長く使えません。

そして、荒い航空会社だと、スーツケースでもあるように壊れてしまったりします。

 

最近では機内持ち込み可能なサイズに折りたためるコンパクトなベビーカーも

ありますので、検討してみるのもありですね。

 

国際線の場合のポイント

・国際線はできればバシネットを予約しよう!

 

「バシネット」は飛行機に備え付けられている小さい赤ちゃん用のベッドです。

年齢は2歳まで、体重は航空会社によって異なりますが、

9キロから11キロまで、日本の航空会社では10キロまでが多いようです。

 

バシネットは、ほとんどの機内で8か所前後の座席にしか付けられないのと

用意できる数も限られていますので利用したい場合は予約しておきます。

 

用意できないと言われた場合も当日に空きが出る場合もあるので聞いてみましょう。

 

・機内食の離乳食のリクエストができる!

 

だいたいの航空会社で機内食は赤ちゃん向けの離乳食や幼児食が用意してもらえます。

ただし当日でも準備OKではなくリクエストしておく必要があります。

 

・国際線でもベビー用品は液体物の持ち込みが可能!

 

国際線では本来は液体物の持ち込み制限がありますが、ベビー用の物に限っては持ち込みが可能です。

 

粉ミルク用のお湯を入れた魔法瓶や、離乳食のパックなども持ち込みができます。

ただ、お湯は機内で客室乗務員に頼めば頂けますのでその方がいいです。

日本の航空会社ではお願いすれば、ミルクを作ってもらえます。

 

持ち込む離乳食はこぼしにくく、ふたもできるので瓶詰めのタイプが便利です。

国際線では肉のエキスが入っていると持ち込みできませんので成分にも要注意です。

 

まとめ

 

子連れでの飛行機での移動は大変ですよね。

 

事前に準備できることはしっかりしてパパもママも赤ちゃんも

快適な旅になるように、工夫してみましょう!

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました