キッチンにベビーゲートは必要?キッチンにガードしないでも平気?

インテリア

こんにちは!アラフォーママのパピコです。

 

ハイハイしてつかまり立ちをしたり、いろいろ戸棚も開けて

遊んでしまうようになってくると、家じゅうをブロックしたり

対策が必要になってきますよね。

 

キッチンに関しては、危険なものがたくさんあり、

ベビーゲートやベビーフェンスで徹底的にガードしてしまうのも

1つの方法ですし、安心ではあります。

 

ただし、ゲートの柵につかまり立ちして泣き続ける・・といった事態になりやすいです。

 

我が家では、ベビーゲートを設置できるような対面式キッチンなのにも関わらず、

結局ベビーゲートは設置しないでどうにかやりきりました。

 

なのでその方法についてお伝えしていきます。

 

まずはキッチンの整頓から!

 

まずはキッチンの物を整頓してみましょう。

 

使わないのに、お祝いでもらったから・・などの理由で

とっておいてある食器などがたくさん出てくると思います。

いざ清く、処分してしましましょう。

 

そして危険ではないものを赤ちゃんの手が届く位置の戸棚などにしまいます。

例えば、ステンレス製の大小のボール、

プラスチック製のキッチン道具やタッパーウエアなど、

割れないもので危なくない物は大丈夫です。

私はキッチンペーパーの予備や食料品の買い置きなども危なくないものは置いています。

その棚からいろいろ引っ張りだしてみるのが赤ちゃんにとっては楽しいようです。

 

そして危ないものは手が届かない位置にしまうか、

戸棚にまとめて、そこにはチャイルドロックをかけておきましょう。

 

キッチンでの一番の注意事項はやけど対策!

 

オーブントースターや、湯沸かし器などはやけどの恐れがありますので

特に注意して、手の届かないところに、コードも引っ張れないようにしておきましょう。

 

それと魚焼きグリルは、使用したあとも表面もかなり熱くなり大変危険です。

私はいつかパピオはヤケドしそうな気がするので怖くて、最近は使用していません。

 

ガスコンロもチャイルドロックを必ずかけましょう。

 

キッチンで一緒に遊ぼう!

 

キッチンでお母さんが何かしていると、赤ちゃんも何してるのか

気になるようで、キッチンに来てしまうことも多いと思います。

 

そんな時は、赤ちゃんがベビーゲートにへばりついて、泣いて待たせるくらいなら

一緒になってキッチンで遊んでみましょう。

 

・調理器具で遊ぶ

 

赤ちゃんは専用のおもちゃよりも、大人が使ってる物のほうが興味がありますよね。

なのでお母さんが使っているキッチン用品には興味深々で食いついてくる事と思います。

 

割れない素材のボールにスプーン、おたまなど危なくない調理器具を

貸してあげましょう。赤ちゃんはそれぞれの遊び方を自分で発見して楽しむはずです。

 

我が子はボールの中にいろんな瓶のふたを入れておいたものを、おたまですくって

外にひたすら出してみたり、いろいろ彼なりに楽しんでいる様子でした。

 

スプーンでタッパーの中をすくってスープを食べるマネをしたりして

一人でおままごともしていました。

 

・料理を手伝ってもらう

 

物を口に入れないようになってきたら、いろいろお手伝いもしてもらいましょう。

 

我が家では、野菜の下ごしらえを少しづつ手伝ってもらうようにしていました。

いらない新聞紙などを敷いて、玉ねぎの茶色い皮をむいてもらったり

ミニトマトのヘタを取ってもらったりしていました。

玉ねぎの皮は、けっこう難しいみたいなので、少し先端の部分だけ

剥きやすいように、手を加えて剥き始めだけ作ってあげるといいです。

 

もう少し大きくなってきたら、そら豆を一緒にむいて

さやから出したり、ゆでてからも皮をむいたりしてもらいましょう。

 

こうして自分で料理したものは楽しんで食べてくれるきっかけにもなります。

 

野菜嫌いなお子さんには、家庭菜園も良いそうです。

自分でミニトマトなどを育てていくと興味が出てくるようです。

こういった手先を使う、細かい作業は発育にもいいそうです。

このように少しづつ、料理にも参加してもらってお手伝いもどんどんしてもらいましょう。

 

まとめ

 

赤ちゃんは、お母さんと同じ空間にいて、お母さんが使っている物を

自分も使ってみたいものです。

なので無理にベビーゲートでやりたいことをやらせずに我慢させるよりも、

いっそ割り切って、一緒になってキッチンでの育児を楽しんでみましょう。

いたずらをする時期はあっという間です。

 

少しづつ料理にも興味を持ってもらい、お手伝いも徐々にしてもらいましょう。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました