赤ちゃんに絵本はいつから読んであげる?月齢別の効果的な読み方

知育

こんにちは!アラフォーママのパピコです。

 

最近は少子化の影響もあり、お子さんに教育熱心な親御さんが本当に多いですよね。

 

赤ちゃんのうちから始められる、誰でもできる簡単な知育活動!

それは間違いなく「絵本」です。

 

ただ、本屋さんに行くと絵本って本当にいろんな種類があり、どんなものを選んでいいか

分からないですよね。

そして小さい月齢のうちは、聞いてるか聞いてないのか

よく分からないけど、まだ動けないのでいいのですが、

大きくなってきて赤ちゃんが動けるようになると集中力が続かず、読んでいても

どこかへ逃げてしまったりして、なかなか読めないのです。

 

そこで、赤ちゃんの月齢に沿った上手な絵本の選び方や、読み方を

お伝えしていきたいと思います。

 

絵本は生後いつから読む?

 

絵本はいつから読んでも、効果があります。胎内にいる時でも

お母さんの声は聞こえていますので、読んであげると効果があるのです。

 

ですから生後すぐに読んであげて大丈夫です。

 

ただ、生後1か月くらいまでは日々のお世話でそれどころじゃないかもしれませんね。

 

まだ視界はぼんやりとしか見えていないので、絵本を見せるというよりも

音やお母さんの声を聴かせるという事がメインになります。

 

なので生後1~2か月のころは絵本でも童謡の歌が載っているものなどがいいでしょう。

徐々に、簡単な文章で目立つ絵の絵本を選んで読んであげましょう。

 

絵本を選ぶ時のポイントは、ベストセラーでお母さんも子供のころに読んでもらっていた

ことがあるくらい、昔から読み継がれている作品は、間違いないです。

 

絵本の読み聞かせる時のポイント!

 

赤ちゃんに絵本を読み聞かせる時のポイントは

 

とにかく「ちょっとハイトーンな声」でよんであげることです。

 

特にパパは男の人なので声も低いので重要です。

高めの声のほうが、赤ちゃんが興味を持って聞いてくれます。

 

動き出す生後6か月前後、集中して聞いてくれない時には?

 

赤ちゃんの動きが生後半年前後から、寝返ったり動きたくて

あまりじっとできなくなってきますね。

 

そして絵本も今まではじっと聞いていてくれた子も

長い時間集中して聞く事ができなくなってくるかもしれません。

 

そんな時は、お母さんは絵本の文章を超高速で読んでしまって大丈夫です。

 

1ページを5秒くらいずつのスピードでパッパ、パッパと

めくるように読んでしまいましょう。なのでお母さんは読んでいるというより

早口言葉を言っている・・ような感じになってしまうかもしれません。

 

このくらいの時期からじっと座って聞いていることが、この時期の赤ちゃんにはむずかしく

なってきますので、興味が冷めないうちにパパっとページをめくって

場面を変えて、ササっと一冊終えてしまうと飽きずに聞いてくれます。

 

短い時間で、時間をこまめにとって一日に何回か読んであげるといいでしょう。

 

そして徐々に、絵本だけではなく赤ちゃん用の図鑑なども取り入れて

動物の名前や、植物の名前など、いろいろと生活にでてくる

物の名前を教えていってあげましょう。

 

読んであげるものは雑誌でもいい!

 

たまにはお母さんが読みたい雑誌や新聞でもいいので読んであげましょう。

ただし、ハイトーンな声で母音を伸ばすような読み方で

赤ちゃんの興味を引き付けるように読んであげましょう。

 

1歳を超えてきたら大げさなリアクションを交えて読む

 

1歳前後になると、もう歩いてどこかへ逃げてしまいます。

 

興味がない本には見向きもしないですし、

自分が読みたい、興味がある本を何度も何度も繰り返し読みたがったり、

本人の好みや意志も徐々に強くなってきます。

 

そんな時期には、普通に読んでいたのでは興味を

持って最後まで絵本を読み聞かせることは難しくなってきます。

 

ですのでオーバーリアクションで女優になった気分で読んであげることが

赤ちゃんに興味を絵本に持ち続けてもらうポイントになります。

 

たとえば、ちょうちょが飛ぶシーンではひらひらーと

お母さんの手でちょうちょを作って、子どもの方に飛んでいくように

演じたり、電車がガタンゴトンと動くシーンでは、子どもをひざに乗せて

絵本を読んでいる体勢でひざを揺らしてみたり、

ちょっとオーバーに声のトーンも変えたり、まるでミュージカルの

ように読んであげてください。

 

まとめ

 

絵本は子どもの語彙力を豊かにしてくれ、お母さんとの

コミュニケーションの時間を作ってくれる最高のアイテムです。

 

テレビを見るばかりでなく、絵本をもっと積極的に読んで

あげる時間を作ってあげてください。

とにかく5分でもいいので毎日の習慣にしていくことが大切です。

 

そうするといつの間にか本好きな子に育ってくれますよ。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました